金額などから決めるが、多重債務者はぜひとも利用すべし

いくつもの借入先がある方にとっては、かなりお得になるおまとめローンですが、どのタイミングで利用すればいいのか、少しわかり辛い、と言う方も多いでしょう。一例として挙げるならば、借金総額が60万円を超えた時点でおまとめローンが必要になる場合もあります。80万円になったらほぼ確実に行った方が良く、100万円を超えるなら今すぐにでもおまとめローンを行った方がいいでしょう。

 

実際には借入金額が大きい金利の計算が面倒だ、などと感じ始めたらいつでも行って大丈夫です。実は消費者金融などでは金利率がどこもバラバラになっているので、どのタイミングでおまとめローンを利用すれば得をするのか、借入金額がどのくらいで金利が変わるのか、ということは、それぞれの金融機関によって違うのです。

 

金利が変化するのはどのくらいの金額からか

 

高金利になるのは融資額が低いとき

まず、キャッシングの性質上、融資金額が小さくなれば小さくなるほど、金利は大きくなります。その少額という基準は50万円までとなっています。というのも、50万円までは収入証明書の提出も求めませんから、ある程度の収入があれば十分に返済可能な金額と認識しているのです。ですので、おまとめローンの際も、50万円までの場合は少額融資と見なされて高金利になるでしょう。

 

60万円から変化する場合もある

殆どの場合ですと、金利が下がり始めるのはもっと高額の融資になった場合です。それは後述するとして、50万円とたった10万円しか違いの無い60万円の融資の場合であっても、金利が下がる場合があります。そのような場合は、金融機関次第の場合もありますし、利用者自身の信用度による場合もあります。狙って金利を下げることはできませんので、金利が下がったらラッキー、という程度だと思っておきましょう。

 

確実に金利が低くなるのは80万円から

殆ど全ての消費者金融では、80万円以上の借入総額になると金利は確実に安くなります。中には下がらない、と言う方もいらっしゃいますが、そのような方の場合はよっぽど信用情報やクレジットスコアに問題がある、という方です。ですので、それ以外の方ならば、借入総額が80万円を超えそうになったら、おまとめローンを利用するようにした方がいいと言えるでしょう。

 

100万円を超えるのならば必ずおまとめローンを行う

100万円以上の借入総額になる場合は、大手の業者ならどこでも、利用者でもほぼ全ての人が共通で金利が下がります。ですので、100万円を超えるのであれば、間違いなくおまとめローンを行った方がいいでしょう。そちらの方が確実に得をします。また、もしもおまとめローンを利用したのに、金利が下がらない、というのであれば、それは業者が大手ではない場合でしょう。大手の消費者金融、または銀行カードローンならば、100万円を超えれば絶対に金利が安くなりますので、注意しましょう。

 

おまとめローンで得をする金利以外の理由

金利のことももちろん大切ですが、それ以外の面でもおまとめローンは利用者にとって非常に得をする要素があります。利用者としては一番嬉しい要素だと挙げられるのが、借入金額が非常にわかりやすくなることでしょう。多重債務者の多くは、現在の自分自身の借入金額、借入残高をしっかりと把握していない人が多いのです。

 

そもそも、借金のことを考えるのは精神的に辛い事です。ですので、借金のことはなるだけ考えないようにしてしまうのは、人として仕方のない事でしょう。けれども、この傾向は多重債務者の場合はかなり強く、借金について全く考えられなくなっている場合もあります。

 

自分自身でこれだけ借りているとある程度の金額を想像しても、数万円から10万円程度は実際の金額とかけ離れている場合もあります。ですので、現在の借金を分かるようにするだけでも、おまとめローンは効果があるのです。

 

借入金額が分かればそれだけ返済が楽になる

借入金額を明確化することで、まず何よりも返済というゴールが見えるようになります。たくさんの業者からお金を借りてしまっていると、どこにどれだけのお金を返済すればいいのか、ということが不透明になりがちです。

 

そして、不透明になればなるほど、返済をするやる気は削がれてしまいます。けれども、おまとめローンを利用して借金を一本化すれば、返済先は一つですし、金額は変わりませんが、返済に対するやる気ははっきりと出て来るでしょう。

 

手間や手数料もカット

また、たくさんの業者から借りていると、どうしてもかかってしまうのが手数料です。その上、返済の際には専用のATMを利用することになりますから、返済日には毎回たくさんの返済先のATMを回らなくてはなりません。そうでなくとも、コンビニATMを使う場合は、相手が消費者金融ならば有料です。

 

例え、一気に返済したくとも返済先がたくさんあるとそれだけ面倒になりますし、手数料もかなりかかってしまいます。ですが、おまとめローンで一本化すればその手間も省けますし、何より無駄にかかっていた手数料も抑えることが可能ですから、金利以外の点でもおまとめローンは得をするのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIGページ

3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日