1万円や2万円程度の少額融資をするには、消費者金融の無利息サービスがおすすめ

大きな金額を融資してもらうのではなく、少額融資でいいというような場合はどこに申し込めばいいのでしょうか。少額融資の場合、2ケタのお金は必要ないかもしれませんが、消費者金融に申し込んだ場合、それまで何も返済事故がなかったり、普通に安定した収入がある人ならほぼどなたでも10万円程度の限度額は付けてもらえる可能性は高いです。

 

無利息期間のあるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

消費者金融の少額融資とは

今週末、急な冠婚葬祭が入ってしまい、1万円ほど都合をつけたくなった…などという場合、これまでキャッシングでトラブルを抱えていない方であれば、普通に申し込めば、だいたい通ります。とかくキャッシングというものはクレジットヒストリーが重要となり、キャッシングサービスを一度も使っていないような人ならば、審査においては不利になりがちなものですが、目立ったトラブルがなければ審査には普通に通ります。

 

もちろん、これまでキャッシングをしてきてその都度、返済日を守って返してきた人のほうが有利なのは間違いありませんが、そのようなケースでなくとも、10万円程度の限度額ならば普通につけてもらえる可能性はかなり高いため、申し込みに関してはあまり慎重になる必要はありません。

 

コツは「消費者金融」

何十万円もの大金を一度に借りるのでなければ消費者金融の独壇場と言えます。よくカードローンは銀行か消費者金融かと言われることが多いのですが、たとえば1万円や2万円ぐらいの金額を借りるのであれば、消費者金融で借りましょう。それは金利が安いからです。

 

1万円を借りて1ヶ月経てば、その利子は150円です。これが銀行カードローンで借りたとしても、利子は120円となり、その差額はたった30円です。この30円のために面倒な銀行カードローンの審査をするのか、それとも審査が通りやすい消費者金融で借りるのかは明白です。

 

3万円借りても利子の差額をみると、消費者金融と銀行カードローンでは90円の差しか出ません。ですから、銀行カードローンの厳しい審査に身をおいてプレッシャーにさいなまれるよりも、消費者金融で借りてしまい、審査や借入時の精神的ストレスを軽くすることを考えるべきです。

 

ストレスを軽くするのが一番

ここまではカードローン審査時におけるストレスについてお話してきましたが、生活全般を見てもストレスをできるだけ軽くしておいたほうがいいというのは真理です。どんな時も精神的なストレスがかかっていては何もできないので、ストレスを溜めないために何ができるかということは考えておき、常に精神状態を正常に保つことに注力したほうがよいでしょう。

 

金利に関してですが、カードローンにおいて「銀行カードローンは金利が安い」ため、銀行カードローンを使って借りるほうがよいということを耳にしますが、銀行カードローンを使ってもよい場合は、「大金を長期間借りる」というケースがほとんどです。消費者金融では大きな金額を長期間借りてしまうと、銀行カードローンよりも金利が高いために、期間が経ってしまうとそれは大きな利息となってしまい、結果として支払いを圧迫することになります。

 

ここで言う「大きな金額」というのは、80万円以上のことを指します。なお、カードローンで少額融資をしたら、返済に関してはスピーディーに終わらせるということを念頭に置き、それに軸を持って早く行動をすることです。少額なら不要品の売買や日雇いの仕事などですぐに返済できますから、あまり不安要素を考えずに行動し、返済を遅らせて後で困ることのないようにするというのも、日常のストレスマネジメントではとても大事なことなのです。

 

レイクの無利息システムを使って無理なく返済

新生銀行カードローンのレイクは無利息システムがあります。これは5万円まで180日間無利息でお金を貸してくれるというサービスです。180日というと、約半年です。その間、無利息でお金を貸してくれるというのはとても有り難いことですよね。

 

「5万円まで」というのが肝心です。たとえば急な出費があったとして、2万円必要だとしても5万円まで180日間無利息システムがあるので、その間は無利息で行けるということです。利息がつかないというのは毎月の返済時に上乗せして返していくということですから、利息だけを計算すると、年間では非常に高い金額となります。その金額を考えると、無利息サービスを使ってキャッシングをするというのは、非常に意義のあることですから、ぜひ活用してください。

 

無利息期間を適用して貰う方法

それでは、レイクでお金を5万円以下借りた時、無利息期間を適用してもらうには何か申請が必要なのでしょうか。結論から言えば、特に手続きをせずに適用してもらうことはできます。レイクでその金額を借りたら自動的に適用してくれるので、借りる側が特に何かするということはないのです。

 

もし、このシステムに対してデメリットが存在するとすれば、それは借りる人の心構えです。キャッシングが癖になってしまったという人は、自分自身の自制心が足りなかったということですので、それは問題となります。現在、キャッシングやショッピングで過剰利用してしまう人の多くは、自分の心が問題だったということですから、レイク側の責任ではありません。

 

なお、消費者金融大手のアコムやプロミスでも、初回借入時に限り、30日間の無利息システムを提供しています。システムの内容はレイクのものと同じで、特に申請が必要ということでもなく、初回借入をしたら30日間は無利息で行けるということなので、これから少額融資を検討している人は、ぜひホームページなどで調べてみてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIGページ

3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日