借り入れ額と金利の関係とは?

借り入れ額が少額の場合、基本的に金利は高く設定されます。キャッシングの金利は借り入れ額が高額になるほど下がっていくようになっています。

 

高額の借り入れの場合、返済期間が長くなることもあって、金利を低く設定しても得られる金利の額が大きくなるからです。また利息制限法も絡んでくるので、これらについて見ていきます。

 

無利息期間のあるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

50万円以下の金利は変わりません

少額の場合に金利が高くなるというのは、50万円以下のことを表します。この50万円以下の借り入れでは各社の定める最高金利が設定されることがほとんどです。

 

例えば1万円でも10万円でも30万円でも、消費者金融では約18%の金利になります。これは10万円を1ヶ月借りた場合は約1500円の金利額になります。1万円の場合はその1/10の約150円と計算ができます。

 

中小の消費者金融では更に上がることも

利息制限法では10万円未満の借り入れに対しては最高20%の金利を設定できますが、大手の消費者金融ではこの10万円未満に対しても、その上の10万円以上、100万円未満に対して利息制限法で定められている最高金利の18%を設定しています。

 

中小の消費者金融では10万円未満の場合は20%ギリギリを設定してくることがあります。これは少しでも金利を得たいからですが、大手の消費者金融ではそのラインで分ける手間の方が掛かるのか、100万円未満は一律と考えているところがほとんどです。このため、10万円未満の借り入れでも大手の消費者金融を利用した方がいいといえるでしょう。

 

金利20%は遅延損害金のレベルです

キャッシングの返済日に支払いができなかった場合に適用されるのが、遅延損害金です。これは本来支払うはずだった日にそれができなかった場合、1日単位で日割りで計算して請求されるものです。この遅延損害金はどの消費者金融でも軒並み20%に設定されています。

 

この数字は金利より高いので、返済の遅延にはくれぐれも注意してください。またこの延滞期間中には金利も日割りで発生するので、もし5日延滞した場合、その5日間には日割りの金利と遅延損害金の両方が掛かります。この両方が同時に掛かると、少額の借り入れだった場合は合計して約38%になってしまいます。

 

10万円の借り入れの場合、1日当たり合計約104円も支払うことになってしまうので、もし支払日に間に合わなかった場合でも、1日でも早く返済することが大切です。

 

少額専門キャッシングは高金利です

10万円未満専門のキャッシングなどを扱っている中小の消費者金融がありますが、このような業者は軒並み20%の金利設定になっています。少額専門だから借りやすいと考えてしまうかも知れませんが、そのような場合でも大手の消費者金融で少額のキャッシングをした方が金利が得になります。

 

大手の消費者金融では数万円単位の少額の借り入れに対してでも、金利は最高で18%です。大手では借り入れを行えないような場合を除いて、少額の借り入れでもそのような業者はなるべく利用しないようにしましょう。

 

大手の消費者金融の少額専門プラン

大手の消費者金融のアイフルでは、少額専門プランを用意しています。金利面などは通常のキャッシングと変わりませんが、少額専門なので書類の審査を簡略化していて、本人確認書類だけで申し込みが行えます。10万円以下の借り入れに限られますが、審査のスピードも早いので、少額の借り入れ時にはこのような大手の消費者金融の少額専門プランを利用すると便利です。

 

中小の消費者金融の少額専門プランでは金利が20%のことがほとんどですが、アイフルではこのプランでも最高18%です。通常のキャッシングと金利は変わりませんが、少額専門なので審査に掛かる時間が短く、申し込みから借り入れを行えるまでが早いのが特徴です。

 

レイクなら5万円までは180日間無利息です!

新生銀行が提供しているカードローンのレイクでは、5万円までの借り入れに対して180日間の無利息期間サービスを行っています。このレイクは現在は消費者金融ではなく、新生銀行のカードローンの名称です。銀行や消費者金融を問わず、5万円までの借り入れならこのレイクが一番おすすめできます。

 

もし180日以内に返済できなかった場合でも、金利が発生するのは181日目からです。その無利息期間が過ぎてしまっても、一気にそこまでの金利をまとめて請求されるようなことはないので安心してください。例えば183日目に返済した場合、掛かる金利は3日分だけということです。

 

この180日間の無利息期間サービスはカードローンの新規の申し込み時だけに限られますが、特に何も別に申し込みをしなくても自動的に適用されるので、5万円までの借り入れが必要な場合はすすんで利用するべきだといえます。またこのレイクでは、5万円を超える借り入れに対しても、30日間無利息になります。10万円が必要な場合でも無利息期間が利用できるので、新規の契約の場合は金額を問わずおすすめできます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日