1件でも借り入れ件数を減らしましょう。

複数社での借り入れがあると、審査で不利になります。借り入れ額よりも、借り入れ件数が多い方が当然、審査では不利になるんです。

 

しかし、返済状況によっては、審査にプラスとなる場合があります。どのような返済状況がプラスとなるのかをご説明します。

 

残高が少ない場合

他社での返済状況が、返済遅延や滞納もなく残高が残りわずかといった場合であれば、審査の際に、もうすぐ完済できるので借り入れ件数は1件少なく見積もっても問題ないと見なされます。

 

それから、クレジットカードの利用状況が毎月きちんと返済している場合も、借り入れに対して責任を持って返済していると見なされて、審査のうえでプラスに作用します。逆に、クレジットカードの利用がゼロの人の方が審査でマイナスに作用することがあります。

 

それでも審査に通らないかかも

他社での借り入れ件数は、3件以内でないと審査に落ちやすいと言われています。そのため、1件でも少なく借り入れ件数を減らした状況にして、キャッシング申し込みをした方がよいのです。

 

例えば、1社で100万円借りている人と3社の合計で100万円借りている人では、1社で100万円借りている人の方が有利となります。1社で高額の借り入れができたということは、年収が高いということになるからです。

 

キャッシング会社の総量規制

年収の3分の1までしか借り入れができませんので、既に他社での借り入れ件数が総量規制にひっかかるようでしたら、審査には通りません。

 

クレジットヒストリーを積み上げていっても、総量規制にひっかかるようでは意味がありません。借り入れ件数を1件でも完済しておくことが先決となります。

 

住宅ローンを組んでいるけど大丈夫?

住宅ローンや自動車ローンといった高額なローンは、総量規制対象外となっていますので、キャッシングの審査には影響しません。

 

寧ろ、住宅ローンのように高額なローンの審査に通った人であれば、社会的信用度が高く返済能力があると判断されて、審査で有利になります。しかし、住宅ローンの返済が滞納ばかりだったりすると、審査に不利となりますので、気を付けましょう。

 

どこで借りたかにもよる

他社借り入れの中に、知名度の低いキャッシング会社や街金が含まれていたら、かなりふりになってしまいます。知名度の低い業者は、ブラックに対して柔軟な審査で簡単に貸し付けていますが、高金利なところばかりです。

 

金利が高く返済がキツくなってくる業者から借り入れをしているのが判明すると、貸し付けても返済してもらえないと判断されてしまいます。

 

大手の方がまだまし

借り入れ件数が多くても、借り入れ先が大手キャッシング会社の方が、審査もきちんとしていますので、独自審査をしている業者から借り入れをしているよりも有利です。高金利の業者は、過去に返済トラブルを起こしていても柔軟に対応して、貸し付けをしています。

 

しかし、高金利なうえに保証人を付けることが必須だったり、おまとめローンに申し込ませて借り入れ件数を少なく見せるなどといったテクニックで、借りやすい状況を指南するなどをしているところが多いのです。

 

兎に角、借り入れ件数を減らしましょう

法律が執行される前は、金利が高すぎるために、元金が減らずにいつまで経っても完済することができないという人が実際にいました。多重債務者が増えて、債務整理に追い込まれるという人が社会問題となっていました。

 

現在は、そのようなことはありませんが、グレーゾーン金利で借り入れをしていた人達はどうなるのでしょうか?その人達は、所定の手続きを行えば払いすぎた金利を返還してもらうことができるようになっています。テレビのCMなどで見かける過払い金のことです。

 

消費者金融業者は、利用者からの請求があれば、利息制限法の上限金利で計算し直して、過払い金を返還する義務があります。しかし、過払い金には時効があります。時効は、完済してから10年となります。2010年6月以前にキャッシングをしていた人は、手続きをした方がいいかもしれませんね。

 

しかし、当時借りていた消費者金融業者が、倒産している場合は、過払い金を取り返すことができません。また、金額によっては弁護士側に支払う手数料で手元に殆ど残らないといった場合もあるようです。いずれにしても、心当たりのある方は時効が来ないうちに早く手続きを行いましょう。

 

また、過払い金の手続きを行った場合、利用していた消費者金融業者から過去の取引履歴が開示されるまでに1か月〜3か月かかるといわれていますので、早めに相談することが重要です。弁護士費用などについて心配な方は、無料で相談できるフリーダイヤルを設置している弁護士事務所に相談してみることをお勧めします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIGページ

3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日