銀行とキャッシング会社どっちがいい?

銀行のおまとめローンなら、生活費として使用することができるから、返済もしっかりしたいけど生活費にも使いたいという人にぴったりのローンです。しかし、銀行のおまとめローンはキャッシング会社よりも審査に時間がかかるようです。

 

借りやすいのはどこ?

銀行のおまとめローンは、年収が400万円以上でなければいけないなどの高いハードルがあります。中には、200万円以上でもOKという銀行もありますが、審査に2週間くらいかかったりするので、急いでいる人にとっては厳しい面があります。それでも、キャッシング会社に比べると金利が低いのは魅力なので、ダメ元で申し込んでみるのもよいでしょう。

 

一般的な手続き方法

申し込み時には、本人確認書類、収入証明書が必要となります。ネットで申し込むと、申し込みないように基づいて、審査に入ります。審査に通ったら、後日契約書が郵送されてくるので、必要事項を記入し必要書類を同封して返送します。問題がなければ、後日指定の口座に振り込みがされます。

 

楽天銀行のおまとめローン

楽天銀行は、最大限度額500万円までまとめることができます。500万円までだと、金利は4.9%〜7.8%となります。100万円未満の場合は、14.5%となっていますので、借入総額が100万円未満の方にもお勧めです。月々の返済方法は、利用残高に応じて返済額が決まる残高スライドリボルビング返済です。利用残高が10万円以下であれば、月々の返済は、3,000円からとなり、500万円を利用した場合は、月々50,000円の返済となります。楽天銀行のスーパーローンを契約中でも他社の借り入れを楽天銀行のおまとめにするといったことにも対応してくれます。

 

借り入れ件数を減らす努力をする

おまとめしたからといっても、借金が減る訳ではありません。寧ろ、借金が増える見込みの方が大きいのです。それでもおまとめローンを利用したいという人は、借り入れ件数を3件に減らしましょう。それ以上の件数になると、審査に通らない確率が大幅にアップします。借り入れ件数が多い人は、信用度の低い人、または属性の低い人と見られてしまいますので、1件でも借り入れ件数お減らして信用度を上げましょう。

 

キャッシング会社のおまとめローン

 

プロミスのおまとめローン

プロミスのおまとめローンは、自動契約機か店頭にて申し込みとなり、審査に通るとすぐに契約となり、プロミスが契約者名で借り入れ先に振り込んでくれます。その際の振り込み手数料はかかりません。融資額は300万円までとなっていて、金利は6.3%〜17.8%です。返済方式は、元利定額返済方式となっています。

 

かりかえMAXorおまとめMAX

アイフルは、初めてアイフルを利用する方は「かりかえMAX」アイフルを利用中か利用したことがある方は「おまとめMAX」というサービス名称となっています。ネットで申し込んで、審査が通ったら、郵送か店頭で手続きをします。手続きが完了したら、指定の口座に振り込まれます。金利は、12.0%〜17.5%で返済方式は元利定額返済方式です。

 

借り換え専用ローン

アコムは、借り換え専用ローンという名称です。申し込み方法は、フリーダイヤルに電話をして、手続きに必要な書類を送ってもらうか、店頭での手続きとなります。むじんくんでも手続き可能となっています。店頭又は、むじんくんで手続きするとその場で審査結果が分かって、審査に通るとすぐに契約となります。

 

後日、アコムが契約者名で借り入れ先へ振り込みます。金利は、7.7%〜18.0%で返済方式は元利均等返済方式です。三社を比較してみると、アイフルの金利上限が17.5%と一番低くなっています。大抵の場合は、上限金利が適用となりますので、金利は上限金利が低いところを選びたいですよね。

 

どこにしたらいい?

おまとめローンをどこで利用したらいいのか迷う場合は、サイトに設けられている返済シュミレーションを使ってみると実感が沸いて分かりやすいと思います。上記3社の中では、プロミスの対応が迅速なのでお勧めです。平日の14時までに審査が通れば、即日での振り込み融資も可能ですし、14時までに間に合わなかったとしても、自動契約機で即日融資が可能となります。

 

自動契約機でカードを受け取ることで、郵送物が自宅に届いてバレるという心配もなくなります。それに、プロミスなら土日・祝日でも対応してくれます。借入総額が100万円を超えるようであれば、プロミスが一番だと思います。また、申し込みをする前に、借り換えた場合の返済予定表を知りたいということを、フリーダイヤルに電話をしてお願いするのもよい方法です。

 

おまとめローンは、最長で10年になるローンです。契約する時には、焦らずに、じっくりと検討しましょう。契約してから、後悔しては遅いですから。それから、審査に通りやすくなるように、日頃から返済遅延や滞納をしない状態を保つのも審査のうえで大きなアピールポイントとなりますので、毎月の返済はしっかりと行いましょう。

 

プロミス


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日