仮審査と本審査は精度が違う

キャッシングの利用を希望する上で、審査結果というのは非常に気になるものです。そこで事前に仮審査を利用して審査結果の目安を把握しておくわけですが、現実的には、仮審査と本審査の結果が異なるケースは決して珍しくありません。

 

仮審査では融資OKだったのに本審査ではNGになったり、逆に仮審査ではNGだったのに本審査で融資OKになったりするのです。さて、これは一体どういうことでしょうか。

 

お試し審査で簡単チェック!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

仮審査はあくまでも仮の審査

仮審査は本審査の結果の目安を知るのに役立ちますが、忘れてはならないのは、あくまでも仮の審査であるという点です。

 

そもそも仮審査では非常に単純な情報だけで審査結果が出されており、厳密な情報の精査が行われる本審査の結果とは食い違ってしまうことも充分あり得ます。

 

仮審査では限度額が考慮されないこともある

大手キャッシング会社なら仮審査の精度も高そうだというイメージを抱くかもしれません。しかし、必ずしもそうとは言いきれません。例えば、大手消費者金融のアコムでは、仮審査において限度額が考慮されないという欠点があります。キャッシングでは年収によって融資限度額が制限される決まりになっていますが、アコムの仮審査では年収を問う項目が用意されていません。

 

年齢や他社からの借り入れ状況などだけで仮審査の結果が出されているので、この結果が本審査と共通する可能性は低くなってしまうというわけです。参考としては役立ちますが、仮審査の結果を過信してしまわないようにしましょう。

 

総量規制による限度額の扱いは案外考慮されない

仮審査で年収を問われる場合でも、総量規制によって制限される限度額に対する判断は意外といい加減なケースが少なくありません。総量規制では、キャッシング会社に対して年収の3分の1以上の金額の融資を禁止しています。その為年収の3分の1以上の希望額で仮審査を行うと融資不可の結果が出るのは当然ですが、限度額ギリギリでの審査なら、仮審査に通過出来てしまうことがあるのです。

 

表面的な理論上は限度額ギリギリなら融資の可能性があると言えますが、決して現実的な結果であるとは言えません。ほとんどのキャッシング会社では、総量規制ギリギリまで融資を行うことはありません。それに他社から既に融資を受けていた場合は年収の3分の1まで融資を行えないので、仮審査の結果の信ぴょう性は低くなります。

 

プロミスの仮審査は信ぴょう性が高い

比較的信ぴょう性の高い仮審査結果が出ると言えるキャッシング会社は、プロミスです。プロミスの仮審査では総量規制による限度額が考慮されており、限度額ギリギリの申し込みでは審査に落ちるようになっています。

 

もちろんあくまでも仮審査なので本審査の結果を約束するものではありませんが、他のキャッシング会社に比べると、仮審査の結果も信頼できると言えます。

 

仮審査以外の項目が原因で落ちてしまう

仮審査は手軽に利用できるという利点がある反面、必要な項目が少ないという欠点もあります。各社で仮審査の際に必要な項目には違いがありますが、せいぜい年齢や年収、他社からの借り入れ状況程度の情報しか求められません。これでは本審査の結果との相違が出てもおかしくありません。

 

本審査では勤続年数なども重視される

本審査では仮審査よりも多くの項目が審査されます。その中でも比較的重視されているのが、勤続年数です。キャッシングを利用する為には確かな返済能力が不可欠です。そして、返済能力を裏付ける上で欠かせないのが収入の安定性なのです。

 

勤続年数が極端に短い場合、収入が安定しているとは言い難いです。アイフルなら仮審査の際に勤続年数も審査されますが、他のキャッシング会社では仮審査の段階では勤続年数が問われないケースの方が多いです。その為、勤続年数が短い方は仮審査に通過することが出来たとしても本審査で落とされてしまいやすいのです。

 

居住形態や家族状況などが審査結果を左右する可能性も

本審査では他にも様々な項目が影響してきます。居住形態が持ち家か賃貸かという点でも返済能力の判断には違いが出るでしょう。また、家族構成によっても返済能力は変わって来ます。これらの項目は仮審査では問われません。より厳密な審査が行われる本審査で初めて精査される情報となっています。

 

しかしながら審査結果にも多大な影響を与える項目なので、仮審査の結果が良好でも決して安心してはいけません。他にも本審査ではたくさんの項目がしっかりと審査されている為、本審査の結果が出るまでは油断は禁物なのです。

 

モビットの10秒簡易審査の結果は本審査の結果に近い

ここまで見てみると、キャッシング会社の仮審査は非常に当てにならないと思われるかもしれません。しかし、モビットの10秒簡易審査の結果は比較的本審査の結果に近いと言えます。

 

というのも、モビットの簡易審査では本審査と同じ項目を用いて審査が行われているのです。と言っても信用情報の内容によっては本審査の結果と食い違ってしまう可能性もありますが、他社に比べると比較的信頼できる仮審査結果が得られると言えるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIGページ

3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日