まずは10万円から、50万円以上は条件が変わる

キャッシングには限度額がありますが、利用した事がないとその相場のようなものがよくわからないかもしれませんが、ある一定の目安のようなものがあります。キャッシングにあたってまず選択肢に入るのは銀行や消費者金融になるかと思います。これらの機関でキャッシングをする場合の最低限度額としては10万円が相場です。

 

キャッシングは申し込みをしてから融資までの時間が早いと1時間ぐらいでできてしまいますが、その間にも必ず審査があります。審査では本人確認や在籍確認、コンピューターによる属性のポイント化や信用情報のチェックなどがスピーディに行われた上で総合的に判断されます。

 

限度額の希望は申し込みの際に申告していますが、10万円程度であれば、その場で在籍確認がすぐ取れなくても後日改めるなどにしておいてひとまず融資を許可される場合もあるほど、貸主にとってはリスクもそれほど大きくない金額のようです。

 

銀行カードローンの場合は消費者金融ほどに審査の融通はききませんが、日数はかかったとしても10万円であれば審査にはより通りやすくなるでしょう。まずは10万円からキャッシングを初めてみて、延滞する事なく毎回返済を繰り返し行っていると、信用が高くなりますので数カ月後、早いと2カ月ぐらいで限度額の増額ができる事もあります。

 

ですから審査の際にそれほど必要ないのに多くの金額を希望するよりも、最低限度額で申告して審査を受けた方がより確実に融資までたどり着ける可能性が高くなるのでおすすめです。

 

30万円の壁

収入がない専業主婦でも実はキャッシングができます。ただし、総量規制の関係で消費者金融の場合には契約者本人に収入がある事が条件になるため、専業主婦の借入は不可能です。しかし、銀行カードローンの場合は専業主婦にも積極的に融資を行います。

 

もちろんその場合にも条件があって、配偶者に収入がある事、配偶者との婚姻関係が証明できる事などがありますが、それ以外には他の人達と同様に本人確認書類の提出さえすれば審査を受ける事ができます。しかも配偶者の収入証明書も出さなくて大丈夫ですし、仕事先がないので在籍確認もありません。

 

夫に内緒でお金を借りるのに、夫の勤務先に確認の電話がかかったら困ると心配する人もいますが、それもなしでキャッシングをする事ができるのです。ただし、専業主婦の場合には限度額は決まっています。銀行にもよりますが、大手のほとんどは30万円が最大となっています。

 

利用目的は自由なので、生活費や教育資金、自分のための資金としてなどどのような用途でも大丈夫です。普通限度額は収入さえあればもっと多くする事ができるのですが、いくら配偶者に多くの収入があったとしても契約をする本人の収入ではないので、限度額は一律で決められているのです。

 

ですから配偶者も了解していてもっと多くの資金が必要なのであれば、配偶者の同意書ありで多くの金額の貸付ができる金融機関を利用する事もできるでしょう。

 

50万円は収入証明書の最初の境

限度額が50万円を超える場合、小額融資の条件とは少し様子が変わってくる事になります。消費者金融で借り入れをしたい場合、小額であれば本人確認書類のみの提出で契約できますが、希望する限度額が50万円以上となると収入証明書が必要になります。

 

これは総量規制という法律で決められているルールなので、どの消費者金融であってもこの条件は全く同じになります。また、既に他社でキャッシングをしているという場合にはその残高があるはずです。残高に新たに希望する限度額を合わせた額が100万円を超えるという場合にもやはり収入証明書は必要になりますので、例えば新たな希望限度額が30万円だったとしても、他社で既に70万円借りている状態なのであれば収入証明書が必要というわけです。

 

他社の借入額は最初の申し込み時に申告をしますが、そこで少なめに記入して虚偽の申告をしてしまうと、結局本当の事は調べればわかりますので信用を失って審査に落ちてしまう事にもなりかねませんので注意しましょう。

 

必ず調査される信用情報の中身

審査の際に見られる個人信用情報の中には、現在いくらの借金がどこからあって毎回きちんと返済しているかどうかという事が詳細に把握できます。住宅ローンなどの有担保ローンやクレジットカードの利用状況、リボやキャッシングについて全て記録されていて、数年間は残るようになっています。

 

もしもそこに「異動」という文字がひとつでも記録されている場合には、その記録が数年後に消えるまでの間の融資はどこからも受けられなくなる事になります。「異動」つく理由としては、まず借金の延滞です。延滞といっても1度うっかりしていたぐらいでは付かない事が多く、何度も繰り返したり支払いが3か月以上止まったりすると記録されてしまいます。

 

また、任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理をした事がある場合にも事故情報として記録されてしまい自己破産に至っては最長10年間は残ってしまいますので、かなり長い間にわたって融資を受けたりクレジットカードを作ったりする事ができなくなってしまいます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日